読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pep's Diary

いろんなことを共有していきたいと思います。たまに持論を言います

【ホウレンソウ】コミュニケーション能力がない人が就職できないたった一つの理由

改めて、コミュニケーションができない人たちの、何がそんなに良くないのかを考えました。そうするうちに一つの答えに辿りつきました。それは、彼らはホウレンソウができないということです。

ホウレンソウとは

ホウレンソウとは「報告・連絡・相談」の頭文字をとってできた言葉です。決して野菜のほうれん草のことではありません。ビジネスマナーとしてよく聞く言葉となります。

ホウレンソウができない人の具体例

報告の例

上司に言われた期限までに間に合わない!。。。。ギリギリまで黙っておこう。

連絡の例

そういえば、明日2階のトイレが使えないって掃除のおばちゃんが言ってたなぁ。まぁわざわざ言う必要もないか。

相談の例

Aの用事はお得意さんの用事だけど、Bの用事が先に入ってたからそっちを先にやるべきかなぁ。相談するのもあれだし、Bの用事を先にするか。

 

このようにコミュニケーション能力が低いことによって、彼らは極力会話をしないようにします。これの最も致命的なところは、他の人に迷惑をかける可能性があるのです。それがお客さんだったり、会社の人だったりは様々ですが、はっきりいってそういう人が一人いるだけで、その人にタスクを振り辛くもなりますし、周りの人はかなり苦労します。そして、そのことを一流企業の人たちはみんな知っています。だから、みんな積極的な発言だったり、コミュニケーション能力を見るのではないでしょうか。